オリジナル声優での映画「ザ・シンプソンズ」公開を断固として要求する日記

       We demand strongly the movie "The Simpsons Movie" dubbed by the original voice actor.
Read this diary in English

2007-08-15

http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/f-et-tp1-20070815-241751.html

声優アッコ、米人気アニメ母親

国民的人気アニメ劇場版ザ・シンプソンズ MOVIE」の日本語版で、和田アキ子(57)所ジョージ(52)ロンドンブーツ1号2号田村淳(33)ベッキー(23)が、シンプソン一家の声を務めることが14日、分かった。

配給元の20世紀フォックス映画によると、「日本の理想の楽しい家庭」をテーマ声優を決めたという。父親役の所は、理想の父親を選ぶアンケートの上位の常連和田は「芸能界のゴッドマザー」。フォックス映画和田の起用については「素顔は愛情深くやさしい人。母親マージのキャラクターにぴったり」と説明している。

2007年8月15日6時39分]

読んだ瞬間

これを食い止めるために、今まで生き延びてきたのではないかと、一瞬本気で思った。

もしくはここを分岐点に、世界がどんどん、信じられないくらい悪くなるので、

それを阻止するために自分は未来から送り込まれたのではないかとも、正直、思った。

この世が壮大な耐久力コンテストだとしたら、どうやら、ここで降りるしかなさそうだ。

無理むり。いくらなんでもこれはないわ。

俺の一部はもう既にオリジナル吹き替え版ザ・シンプソンズで構成されており、

それをいきなり挿げ替えるということは「その左腕、別に使わないだろ?切っちゃえよ」と言われているのとあまり変わらない。

そんなことが許せると思うのか。

これは攻撃だ。精神攻撃を仕掛けられているのだ。

速やかに対抗措置を取らねばならない。